ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  雑記

弁辺トンネルは何処に? (2015.11.11)

 以前、岩見隧道の記事を書きましたが、その道中訪れたのが、室蘭本線大岸~豊浦間の豊泉駅跡。
 この駅の先、旧豊泉~豊浦間にはトンネルがあり、訪れた強者が写真を上げているらしいという話は前々から聞いていたのですが、とうとう見つけました。

 こちら

 現在線の上に穴を開けている写真も見つけられるはず。

 もっと鮮明に

 こちらは"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃というブログで素晴らしく美しく開いた穴を観ることができるだろう。

 素晴らしく胸熱である。

 線形改良で廃止された線は数多いが、何故こんなにも廃止されたものに惹きつけられるのだろうか。私はおそらく、身近なところにあるからこそ、余計に気になるのだと思う。

 忘れないようにカキコ。
スポンサーサイト
[ 2015/11/11 00:56 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

最強のコックが働いているフネがある。 (2015.10.20)

 ケイシー・ライバックが敵の骨をバキバキ折る映画は大好きです!

 ニコ動に戦艦ミズーリの艦内日本語ツアーの動画が上がっていたのでご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 実際の戦艦は日本では三笠しか残っていませんが、これを見ると軍艦の内部の構造がよくわかると思います。
 あと、この動画で私が一番良くわかったのが、機関室の構造。シフト配置の機関と内部のタービン機構がようやく理解できました。

 本編中にも有りますが、機関馬力が21万馬力で33ノット。しかも、軽いから出るというのがなんとも納得。そうなると、日本の大和級は16万馬力で27ノットですから、重さの割に速力は出ているということになると思います。大和型は日本人好みのコンパクトな設計ではあるといいますが、そう考えると確かにそうですね。
[ 2015/10/20 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

情報の集約と並列化によって個を特定できるのか? (2015.04.04)

 情報化社会と言われるだけあってネットには様々な写真が上がっていますね。

 よく言われるのですが、鉄道模型で蒸気を作っている人は大体、機芸出版社の「蒸気機関車の角度」の○○ページに写真があるとか。あそこに写真あるよとか。

 ハッキリ言います。

 私、持ってません。

 そこで考えたのですが、ネット版「蒸気機関車の角度」みたいなものを作れないかと。
 先日もコンテナをアップしましたが、個人でやるのはものすごく大変。でも、一括集約するサイトがあったとしたら、そこを見れば大体の事がわかると。
 そうなると、そこが共有フォルダーみたいになって探しに行けるとなるなと。

 ただ、協力人が複数出てくると著作権の管理とか色々と面倒になってきそうだけど、鉄道は趣味性が強いから営利目的ではなくて写真を撮っている人もたくさんいるとは思うんですけどね。
 掲示板で写真を集約→サイトでまとめていくみたいな感じですね。

 タグ添付で、形式と装備名とかで検索かけてヒットさせられるとかの機能もあれば尚良いですね。
 うーん、保存蒸気から出来るようにまとめてみるかなぁ・・・・・・・

 私だけだと内容が偏るので複数人でやっていくみたいなのが出来ると面白いですね。
[ 2015/04/04 08:48 ] 雑記 | TB(0) | CM(4)

次の作品にむけて、色々と。(2015.03.05)

 正直な話、色々やりたくてウズウズしてます。

 ただ、現状の部屋をみると、何もかも仕掛品になっていて積み上がっている状態で次の新規をやるというのも些か問題が無いとはいえず。
 でも、結局の所。自分のモチベーションがどうも煮え切らないんですよね。こういうのって、大体欲しい物が揃うと急にそちらに目が移り・・・・・堂々繰り返して今に至るわけですがw

 現在の近況としましては、C57・1次型のボイラーが入手できたので、C57の1次型北海道重装備仕様又はC55・1次型北海道重装備仕様のどちらかを主軸にして、マロネロ38とスハシ29、スハシ38あたりの製作を行おうと考えています。
 一時期は、D51の半流キットか夕張鉄道の11型も考えましたが気分が全く高揚しません。これは自分の中で完全に冷えきったような状態なので組立てが面白い訳がない。
 C57は4次型を完成させたとはいえ、やはり前回不十分な所があったのでリベンジしてみたい車両ではありますし、北海道の急行牽引で主役だったのはやはりC57が一番でして。

 もう一方のC55は流改をやるには資料不足。ただ、1次型の発売からある程度時間が経っているのでパーツを揃っているうちにやるのが良いかなと思っているもので、こちらはこちらでまた色々問題が出ると思いますので長期戦を覚悟してます。

 そう考えると、C57作ってやるのが良いかなと。
 パーツ的には80%問題解決できるのですが、唯一無いのが動輪。
 珊瑚模型店製のC571次型の動輪の店頭在庫がある所、または誰か譲って頂けるという方。是非ご連絡を・・・・・・

 ネコ・パブリッシング社から3DCADのムックも発売されましたので、客車の床下機器又は内装はそちらを活用してみるのも面白いかなと考えています。

 まあ、武蔵が見つかったのでずーっと作っていなかった艦船模型を仕上げるのもそれはそれで面白いかとも思うのですが。

 また進展があったら報告します。
[ 2015/03/05 01:32 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

近況報告 (2014.11.01)

 10月は、関東合運はじめ毎週末何かしらの用事があり、休日出勤もあったりでヘロヘロ状態です。例会→関東合運→宅建→会社の運動会→休日出勤と何でこんなに忙しいんだというレベルです。
 先月の記事アップも2件と少ないのは申し訳ないのですが、最後の配管2本が終わらないのです。まあ、これだけ動いてると平日の仕事終わりに配管2本を終わらせる気力が残ってません。

 11月になってしまい、このままでは昨年同様なにも完成しないで終わるという最悪の状態が待っていますのでまずはD51を終わらせてしまいたい。何を隠そうもう邪魔なんですよね。中途半端で残ると半端無く邪魔だということがわかりました。

 ・・・・・・・手を動かそう。
[ 2014/11/01 11:20 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター