ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  AOBA MODEL製 ED31形凸電機キット製作記(西武鉄道1形電気機関車)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西武鉄道1形電気機関車 完成(2012.09.23)

 全部を組み込んで完成です。

  西武1-66 西武1-67

  西武1-68 西武1-69

 解放テコは車内の色と同じMrカラーの「クールホワイト」につや消しブラックを加えた物。ブレーキコックはMrカラーの「ハーマンレッド」を使いました。
 テールライトはクロムシルバーの上にクリアレッドを塗り重ねています。

 連結器はKDカプラーの№4を使用しました。

 パンタグラフは、IMONのPS13(黒)です。パンタグラフの固定に用いた上下組碍子もIMONの製品を使いました。ただし、固定にはエコーのM1.2×5㎜を使っています。ヘッドライトレンズもIMONの1/87用のLP42用を流用しました。ガラスの表現が美しい良い出来です。これを水で溶いたボンドを使って固定しています。
スポンサーサイト

西武鉄道1形電気機関車 運転室内装(2012.09.15)

 運転室内装を製作します。

  西武1-64 西武1-65

 中央の機器箱は真鍮板をロの字に組み、蓋をして内部に鉛板のオモリを入れています。これを内装の基板に半田付けします。基板はt0.4のエコーのスジ目板を使いました。
 ハンドブレーキはエコーのものを流用し、ブレーキ弁は旧型気動車用の物を流用しました。イスはφ1.0の真鍮線とt0.4の真鍮板を組み合わせて作っていますが少々オーバースケールになってしまいました。

 近江鉄道の保存車から運転席のイスは丸イスのようです。
 塗装はいやみやのカラープライマーの黒を使って全部を塗装します。

西武鉄道1形電気機関車 塗装・その2(2012.09.15)

 車体を塗装しました。

  西武1-58 西武1-59

  西武1-60 西武1-61

  西武1-62


 車体色を吹き付けた後でマスキングして屋根を艶消しグレーに。ヘッドライトを艶消し黒で塗装し表記類をワールド工芸のE43から拝借してレタリングしました。
 車体の内側は既に塗ってあるのでマスキングして車内色を綺麗に残します。塗料のバリができるので綺麗に除去しておきます。

 屋根は艶消しにしてあるので車体側面のみを少量のフラットベースを入れたクリアーで吹いて保護します。

  西武1-63

 下回りは仕上げで艶消し黒を再度吹き付けてテールライトにクロムシルバーを入れます。

  西武1-57

 乾燥中は箱の中に入れて破損に注意しつつ、乾燥させています。

西武鉄道1形電気機関車 塗装・その1(2012.09.14)

 塗装を行います。

  西武1-51

 塗装の手順は、私流のいつものやり方でクレンザーによる洗浄の後、中性洗剤で洗浄しよく乾燥させます。隅の方に水滴が残っている事を考慮し、ドライヤーを使って車体等を熱して水気を完全に飛ばします。

 その後、プライマーを塗り、ラッカー塗料を吹き付けていきます。

 今回、車体の色が青色なのでその色の検討でいくつかのテストピースを製作して車体色を選びました。

  西武1-52

 プライマーはいさみやのカラープライマー(グレー)を使用しました。リターダーシンナーと付属するシンナーは前回製作したC57でも使用しましたが、シンナーの量が多い方が吹き付けをする時に楽だった感じがします。

  西武1-53 西武1-54

 車体色を吹く前に運転席の内側を塗ってしまいます。使用したのはMrカラーの「クールホワイト」です。以前はプラ用塗料は金属車輌には使わないというような考えでいましたが、最近の塗料の性能は上がっているので、鉄道模型程度では十分な塗膜強度があると考えるようになりました。
 「クールホワイト」は、隠ぺい力の強い塗料なので内部に塗装に用いて数回の吹き付けで考えていた所定の白色が出せたと思います。

 下回りはエコーの艶あり黒を吹き付けています。

  西武1-55 西武1-56

西武鉄道1形電気機関車 下地完成(2012.09.10)

 下地が完成しました。

  西武1-44 西武1-48

  西武1-49 西武1-50


 支障箇所が無いかの確認を行いパンタグラフまで組み込んで全体のバランス等を見ます。大丈夫であれば洗浄して塗装に入ります。
 ガイシを止めるネジが長すぎたので、この状態ではエンドウ製のガイシを仮に取り付けてパンタグラフをネジ止めしています。
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。