ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  コブラ会製 水無灯里製作記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コブラ会製 水無灯里・全体仮組み (2013.07.28)

 WF終わって毎回のように自分のも進めないとって言ってますから現状を。

  水無灯里Ⅰ-14

 後が汚いのは突っ込まないでください。

 真鍮線を差し込んで仮組みしたのがこの状態。デカイのと重量のバランスがお尻の方にあるので倒れやすいのが難点ですね。支持台なり固定方法を作らないとキツそう。足にネジ切ってビス止めできるように改造するのも良いかもしれません。

 真鍮線は強度優先で2mmを使用して重要部に差し込んであります。

 あとはアリア社長なのですが、社長もレジンの塊な訳でして。乗せるとそれだけで分解・横転するので写真では載せていません。なにか良い固定方法を考えます。
スポンサーサイト

コブラ会製 水無灯里・パーツ仮組み(2012.10.14)

 パーツをチェックしたら大型のパーツから湯口の除去をおこなってパーツを組み合わせていきます。

  水無灯里Ⅰ-4

 スカートのパーツが2パーツ構成になっているのでまずはそこの接合から行います。

  水無灯里Ⅰ-5

 とりあえず、パーツが全然合いません。これでも合わせた方なのですが、まだ合いません。

  水無灯里Ⅰ-6

 パーツの角度によってすごい口が開きます。かといって口を開かないようにすると今度はスカートの曲線を崩してしまいます。

  水無灯里Ⅰ-7

 補強を入れないといけないと感じたので、φ1.5の真鍮線2本、φ0.5の洋白線1本を入れて接合してもズレが無いようにしました。

  水無灯里Ⅰ-8 水無灯里Ⅰ-9

 この部分に瞬間接着剤を流し込んでがっちりと固めてしまえばまず動く事はありません。動いたとしても金属線が支えになるので過大なズレは生じないようになっています。

  水無灯里Ⅰ-10

 内側も瞬間接着剤を流して固定してポリパテを盛り付けて整形していきます。

コブラ会製 水無灯里・パーツチェック(2012.10.14)

 諸事情あって兼ねてからやってみたかったフィギュアの製作をやってみることにしました。

 実は色々ありまして、そろそろ別の物もやってみたいなぁと思っていた所だったので丁度良い機会だろうという事と、そろそろやり出さないと来年の冬のWFに間に合わないって事です。

  水無灯里Ⅰ-1

 さて、やるからにはちゃんとやります。

 まずはパーツが入っているかどうかの確認作業。

  水無灯里Ⅰ-2

 袋から出したら一個ずつ確認しながらチェックを入れていきますが、他の模型と違ってパーツそのものの個数は少ないのでチェックするのは比較的簡単かな。

  水無灯里Ⅰ-3

 確認できたらパーツ個々の作業に入りますが、どういう構成になっているのか未知の領域。いや、これは未知との遭遇だ!
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。