ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夕張鉄道キハ300形の製作 (08.02.15)

 状態を見て半田で固定する準備を始めます。↓

  夕張鉄道キハ300-28

 前面との合いが良いようなので半田で下端部を固定していきます。

  夕張鉄道キハ300-29

 セロハンテープなどでしっかりと固定して動かないようにした所で下端部をチョン付けして止めて置きます。
スポンサーサイト

夕張鉄道キハ300形の製作 (08.02.13)

 車高の様子をみます。↓

  夕張鉄道キハ300-26

 ベーク板の上でスコヤを使って車高を測り、それぞれの車端部の4箇所で高さが合えばOKです。ここで寸法が合えば、前面の取付けに向けて作業を進めていきます。

  夕張鉄道キハ300-27

 段々、全体が見えてきました。左右の傾きが無いか等を見ながら、前面を固定する為の準備に入ります。

夕張鉄道キハ300形の製作 (08.02.12)

 妻板と車体との様子を見ます。↓

  夕張鉄道キハ300-23

 どうやら、大丈夫のようです。

 ネジの位置は床板側に新しく穴を空けて対応しました。穴の位置を直すと台車位置も定位置に定まりました。

  夕張鉄道キハ300-24

 元の穴の端から1.5㎜ずらしてφ2.2で穴を空け直しています。床板全ての穴を空け直さなくてはいけません。

  夕張鉄道キハ300-25

夕張鉄道キハ300形の製作 (08.02.11)

 妻板を取り付ける準備をします。↓

  夕張鉄道キハ300-20

 Hゴムを半田付けした妻板に寸法を罫書く準備をします。取付けるパーツが多いので、紙に書くと非常に便利です。

  夕張鉄道キハ300-21

 紙に書いた位置の通りに寸法を罫書き、穴を空けていきます。今回、ステップをφ0.3の真鍮線にするので穴はφ0.35としました。ジャンパ栓はφ0.9、標識灯掛はφ0.5で穴あけします。パーツの穴はあくまでも目安であって後で修正できるように若干、小さめに開けています。

 前回も書きましたが、今はとにかく箱にする事を優先して作業しています。

  夕張鉄道キハ200-22

 前面と屋根との接合部には補強と半田を盛る為にt0.1の真鍮板を貼り付けておきます。

夕張鉄道キハ300形の製作 (08.02.09)

 パーツが完成しました。↓

  夕張鉄道キハ300-18

 前面はこれで完成したので次は車体に取り付ける工程です。

 ここで気付いたのですが、アングルと床板とを取り付けるネジ穴の位置が違っていたようで、そのまま取り付けられない状態でしたので、これを修正します。またメーカーエラーのようです。

  夕張鉄道キハ300-19

 そのまま作ると床板が車体の後ろへ向かって数ミリずれていました。アングルのネジ穴はそのまま使うのが良いと思いますので、床板に新しく穴を開けます。
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。