ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  2012年04月

第9回鉄道模型市に行ってきました (12.04.30)

 毎年恒例の鉄道模型市です。
 
 年を追う毎に知り合いの挨拶周りに行くイベントと成り果てているのは周知の事実であるw

 さて、今回のイベントの目玉は幾つかあったのですが、特に注目していたのはAOBAMODELの電関でした。実際10月を目指すとのことで非常に楽しみです。ついでに凸型電機ですが作り易そうな形格好でこれも早く作ってみたいものです。

  20120429-1

 ED46も鉄摸連に狙いを絞っているとの事でこれも非常に楽しみだ。


 で、今回のお買い物の品ですがなんと。無駄に散在しております!
 いつもはな~んにも買わないのにねw

  20120430-1

 みろ! この散在っぷりを!

 ぶっちゃけ、お金を下しに行った会は久々だよwww

 まず、モデルパシフィックのタキ50000のキット。買おうとしてた奴だけど、内容はロストてんこ盛りの3軸車輌で非常に転がりが悪そうだと一目で見てわかった!

  20120430-2

 まあ、ええわぁ~で買っちまったのですが、よく見ると異径胴の接合部分がロストの塊という鬼のようなキットだった・・・・・・・


 どうやって組み立てようかなぁ・・・・・・・・・・・orz


 で、お次は天賞堂EF62の改造品と去年も買ったDD13の改造キット。

  20120430-3 20120430-4

 天賞堂の81年の2次製品ということだったが、足回りは改造されているので純正品じゃないけど、6軸駆動というアヤシイ一品だ。しかも、よく見ると塗装の下が粗い。これ、タブン製品のまんまだろうけど、昔の天賞堂ってこんなに荒かったの?
 どうみても地肌傷が見て取れるんだよね。どうしたものか・・・・・・
 
 まあ、いざとなれば塗装を剥がしてやり直すけどさ。
 それとEF62の台車の引張装置ってゴム? プラスチック?
 元の説明書もなーんも無いから良く分からない。このヤワさはちょっと困ったなぁ。どうしたものか・・・・・


 キットはいわずもなが、夕張のDD1001なので、これで2両分揃ったことになる!
 早く作らないと・・・・・・
スポンサーサイト
[ 2012/04/30 21:11 ] イベント | TB(0) | CM(0)

特型潜水艦伊400 倒立式クレーン組立・その1(12.0429)

 クレーンの組立を行うのに先に内部を色指ししておきます。

  伊400-11

 甲板色で内部を塗ってしまいます。クレーンは格納状態とするつもりですが、組立ててから色を差すのは非常に困難です。

  伊400-12

 アンテナも格納状態としますが、同じように内部を塗っておきます。

D51241 テンダー妻面組立・その2(12.04.29)

 電線管継手と標識灯への電線の設置を終えました。

  D51241-231

 解放テコの長さがちょっと長かったのでコレも調整してあります。

パイ生地ってこんなに手間なの? (12.04.26)

 ジブリ映画、魔女の宅急便に出てくるニシンの包み焼きを実際に作っている動画があったけど、パイ生地ってこんなに手間なのか!?

 パイ生地って普通は市販されてる奴を使っちゃう事が多いイメージがあるから作り方とか全然知らなかった。


 


 まあ、クッキー作るだけでも大変なんだからそうだよなぁ・・・・・・
[ 2012/04/26 22:52 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

D51241 テンダー妻面組立・その1(12.04.26)

 テンダーを組上げるので先に妻面を組立ててしまいます。

  D51241-229

 下部に近い所から順次半田付けしていくので、まずは解放テコ、電線管と続きます。標識灯に電線を入れる関係から、左側の標識灯はまだ固定されていません。
 右側の標識灯は取付済。取付ける際に先に標識灯側に電線を入れておいて、電線管継手に差し込んで半田付けする方法をとっています。

 ステップは、φ0.3の洋白線を使用し、解放テコはφ0.4の燐青銅線を曲げて製作した物。
 電線管継手は、0.8㎜×0.8㎜の真鍮角線からφ0.35の穴を開けて製作したもの。標識灯から来る電線管が差し込まれる所には、φ0.5×φ0.3の真鍮パイプを噛ませてそこに電線を差し込むようにしています。
 管継手に接続する電線管はφ0.3の燐青銅線。標識灯に繋がる電線の方はφ0.25の燐青銅線を使用しました。φ0.2でも良かったかもしれませんが、強度優先でちょっと太めをチョイス。

 標識灯はエコー製、解放テコ受はウィスト製の舟底テンダー用を使用。(手持パーツが無かったので代理使用です。根元の形状は同じだから大丈夫)

  D51241-230

 のっぺらぼうの時と比較すると、非常にいい感じです。


・使用パーツ
エコーモデル No.1002 標識灯(把手付)
ウィストジャパン No.2750 解放テコ・舟底用
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター