ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  2012年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワンフェス2012夏 (2012.07.29)

 さて、ワンフェスに行ってきましたのでご報告です。

  20120729-8


 今回の目標物は2つ。
 コブラ会のアリシアとあらあらこまった堂のハイデマリー少佐です。


 で、結局ハイデマリー少佐は買えず。話によると開始18分で完売だそうでw
 いくらなんでも早過ぎだろwww


  20120729-1

  20120729-12 20120729-13


 コブラ会のアリシアさんはゲットできました。う~ん、いいかんじ!
 これでようやくウチにも2体揃いました。これは元のイラストが2人なので2人揃わないとなーんか違和感が出ますね。


 今回、スゲー質感がいいなぁと感心して見たのがこの工作機械シリーズ。実際に鉄材を加工して作っているということで非常に質感が良く、ハゲている部分のリアリティーさは一見の価値ありですね。実際に万力とかはネジ切りしてあるので開閉が可能。ボール盤はモーターが仕込んであってドリルがちゃんと回ります。

  20120729-5 20120729-6

  20120729-5a 20120729-5b

  20120729-5c 20120729-5d

  20120729-5e 20120729-5g

  20120729-7

 スケールが1/10という事で鉄道模型にはそのままの応用はできませんが、ボール盤のサビの質感も最高に美しいですね。こういうのを庫の中にいっぱい入れて・・・・・・・やってみたいですねぇ!

 他に巡回していたらkuni20xxの養老紡が気になり、結局購入w
 最初は買う気全く無かったんですけど、雰囲気がいいですね。原作もやったこと無いんですけど、気に入ったんで購入です。
 こういうの大好きですw

  20120729-3a 20120729-3


 そして、買えなかったあらあらこまった堂のハイデマリー少佐です。

  20120729-2

 劇場版公開から早いなぁと関心しちゃいます。島田フミカネ先生もツイートしてかなり話題にはなっていましたけど、結局買えなかった。髪のカラーがちょっとピンクに振ってあるけど、劇場版だとそんなイメージが無いんですけどね。

 他、何枚か撮った写真から。

  20120729-4 20120729-11

 最近の生放送関連でちょこっと気になったものを撮っています。残念ながら、アマガミは無かった。


 あとは、ないとめあくりえいつのキャラクターが全員揃ったみたいです。

  20120729-14

 これ、いいwww
 5月のトレフェスで買ったいんでっくすたんの作り方とか後ろの状態の写真とかをがしがし撮らせてもらいました。これでできるかな?

 やっぱり、鉄道模型とは違う面白さがたくさんあります。いいものに理屈なんていらないでしょう。 
スポンサーサイト
[ 2012/07/29 20:26 ] イベント | TB(0) | CM(0)

D51241 テンダー増炭板の製作・その1(12.07.21)

 テンダー増炭版を製作します。

  D51241-263

 元々は、フクシマのエッチング板(ランボード用)を使って組み立てようと思ったのですが、残念ながらどうもイメージに合いません。なので、t0.5の真鍮板の表面をステンレスブラシを使って荒く削ったものを用いる事にしました。
 これがステンレスブラシで削った後です。微細ですがちゃんと線状に削れています。あとは塗料を考えるともうちょっと深めにしたい所です。

D51241 テンダー妻面製作・その1(12.07.16)

 テンダー妻面を仕上げていきましょう。

  D51241-255

 一番のポイントは石炭取出し口だと思います。この部分は本来、直線なのですが、曲線の通過を考えると折り曲げるのが無難かなと判断しました。これでR750程度の急曲線も安定して通過できるようになります。

 もうひとつ、この部分は、エクステンション基盤を半田付けして絶縁構造としています、やはり急曲線とS字カーブ(ポイント通過時を考慮すると)がネックになった為です。

  D51241-256

 横から見るとエクステンション基盤がはっきりと見えてしまいますが、塗装してしまえば分かりません。あと怖いのが塗装が剥がれた時ですが、基盤の塗装の乗りがいまいち分かりません。まあ、万が一剥がれてしまってもタッチアップしても真横から覗き込むようにしないと見えない所ですからそこまで気にならないとは思うのですが。

  D51241-257

 テンダーの取水コックは全てエコーから出た新製品のコックを使用しました。非常に良い出来で形も表現も素晴らしい一品です。

エースの強さはパネェ! (2012.07.17)

 映画を観にいきました。

 20120717-1

 地元のMOVIXさいたまは結構いろいろやってる所。大抵の映画はここで観れます。

 20120717-2

 さーて、どれを観ようかなぁっていったって。もう決まってるよね。

 20120717-3

 やっぱ、A'sでしょ。いやぁ、前作にも増して熱い!
 この作品は本当に熱いね。こういう熱い作品は観ていてもほんと楽しい。昔、TV版でもかなりすごいなぁと思っていましたけど劇場版はさらにパワーアップしてとにかくキャラクターが動く動く!
 こんな激しい動きするのかというくらいにとにかく動く。そして演じてる声優陣の演技力がすばらしい。久々にいいものを観た感じです。あんまり書くとネタバレになっちゃうけど。今回の作品はもうはやて役の植田佳奈さんの演技が最高だったね。ボケーっと観るもの好きですけど、こういう熱い作品もいい!
 あっという間の150分。結構長いなぁと思っていたのですが、そんな事なかったですね。まあ、3時間の洋画観るよりは俺は絶対にこっちの方が楽しかったなぁ。
 一回じゃ物足りないから、また行こうかな!
[ 2012/07/19 12:17 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

D51241 キャブ屋根加工・その2(12.07.15)

 キャブ屋根の側面を取付けます。

D51241-254

 丁度、継目が目立ってしまう部分なのですが、かといって側面全体を作り直すのも面倒なので元パーツを流用してどのように見えるかを試してみました。

 非公式側は継ぎ目をそのままとして半田だけで埋めたもの。公式側は継目の上にφ0.2の真鍮線を半田付けして表面を削って整えたものです。
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。