ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  2012年10月

アオシマ製 はやぶさ製作記・その1(2012.10.28)

 アオシマの小惑星探査機「はやぶさ」を組み立てます。

  はやぶさ-0

 1/32なので、非常に大きいと思われがちかもしれませんが、もともとそれ程大きくないので組立てもそれほど
大きくはありません。

  はやぶさ-1

 本体よりも太陽電池パネルの方が大きいw
 そしてその腕がなんとも細い!

  はやぶさ-2

 本体だけならこの程度の大きさしかないんですけどね。
 小さいなぁ。よくこれで小惑星まで行って来たと思います。はやぶさすげぇ!
スポンサーサイト

つり乙発売イベントに参加してきました。 (2012.10.26)

 Navelから発売される新作ゲーム『月に寄りそう乙女の作法』の発売イベントに行ってきました。

 そう、前回の東京駅に行ったのってその待ち時間だったりします。ちなみにこのゲーム、うちのブログの右側にず~っと広告ポップを貼ってあったアレです。

  20121028-1

 まあ、自分でもこういうゲーム関連の発売イベントとか行くのって初めてでしたけどやっぱり皆さん私なんかよりもずっと暦が長そうな方ばかり。まあ、私はどちらかといえば新参の部類でしょうからこのような物を貰いに行ってもいいのかなぁという所でしたが。

  20121028-2

 ありがとうございます。
 ありがとうございます!

 鈴平さんと西又さんお二方とも素敵な方でした。そして広報みずのんも。直に会うと某社長の言う事が分かった気がします。確かに俺も好みのタイプですw

 模型にしろゲームにしろ、仕事にしろ。多くの人間が関わって世の中は回っています。たまに鬱陶しいなぁと思う事もありますが、その過程の中で知り合えた人。そして友人。昔、サラリーマン金太郎でヤマト建設会長が「人脈は財産だ」と言っていましたが、私自身が社会に出て本当にそうだなと思う事が多々あります。そして『人』とか『縁』っていうのは不思議な物だなと感じます。

 いやぁ・・・・・・本当に。何でだろうね(笑

 最後にイベントを企画されたNavelの皆様、関係者の皆様、本当におめでとうございます。
 そして、ありがとうございました。
[ 2012/10/28 18:02 ] イベント | TB(0) | CM(0)

東京駅を見てきました (2012.10.26)

 ちょっと待ち時間があったので復元工事が終了した東京駅を見てきました。

  20121026-1

 丁度、夕方の時間帯で夕日が中央に当たっています。後ろの高層ビルとの対比が激しいです。

  20121026-2

 夕日がレンガにあっていて栄えます。

  20121026-3 20121026-7

 そしてやっぱりドームの中ですよね。

  20121026-8

 おぉ!

  20121026-9 20121026-10

 美しいです。この頃の建築って非常に繊細で美しいですよね。こちらは南口。

  20121026-4 20121026-5

 そしてこれが北口。微妙に装飾が違っているみたいですね。

  20121026-6

 それにしても本当に多くの人が駅の前で写真を撮っていました。駅にこれだけの人々がカメラを向けるのも珍しいのかもしれません。でも、その美しさは一見の価値ありだと思います。高層ビル群の中にある東京駅。確かにこれは新名所として発展していくのではないでしょうか。
[ 2012/10/27 02:43 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

第8回軽便祭 その1(2012.10.08)

 遅くなりましたが軽便祭の報告です。

 まずは道楽ぼーずさんとこの展示用のレイアウトから。

  20121008-1 20121008-2

 この位のエンドレスの小さいものから始めればナローはやり易いのかなぁと考える事もあるのですが。道楽さんとこのトロッコを入手したからやっぱり鉱山っぽいものがいいのかなぁと。

 その前に機関車が無い・・・・・

 木曽モジュールの中側に気になるものを発見。

  20121008-3 20121008-4

  20121008-5 20121008-8

 ナロー系のレイアウトには建物が大きいように見えますが、考えてみると実はそうでもないんですよね。
 森林に囲まれた中にこっそり隠れたように機関庫があるっていいですよね。しかもよく見ると扉が壊れてる所がまたそれっぽい。ちょっとボロっとしているところがまたイイですね。
[ 2012/10/21 11:11 ] イベント | TB(0) | CM(0)

コブラ会製 水無灯里・パーツ仮組み(2012.10.14)

 パーツをチェックしたら大型のパーツから湯口の除去をおこなってパーツを組み合わせていきます。

  水無灯里Ⅰ-4

 スカートのパーツが2パーツ構成になっているのでまずはそこの接合から行います。

  水無灯里Ⅰ-5

 とりあえず、パーツが全然合いません。これでも合わせた方なのですが、まだ合いません。

  水無灯里Ⅰ-6

 パーツの角度によってすごい口が開きます。かといって口を開かないようにすると今度はスカートの曲線を崩してしまいます。

  水無灯里Ⅰ-7

 補強を入れないといけないと感じたので、φ1.5の真鍮線2本、φ0.5の洋白線1本を入れて接合してもズレが無いようにしました。

  水無灯里Ⅰ-8 水無灯里Ⅰ-9

 この部分に瞬間接着剤を流し込んでがっちりと固めてしまえばまず動く事はありません。動いたとしても金属線が支えになるので過大なズレは生じないようになっています。

  水無灯里Ⅰ-10

 内側も瞬間接着剤を流して固定してポリパテを盛り付けて整形していきます。
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター