ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  2012年11月

アオシマ製 はやぶさ製作記・その4(2012.11.06)

 本体は金色のサーマルブラケットというもので覆われているので、それを再現するのでこちらも金色のホイルを貼り付けてやります。

  はやぶさ-8

 ネットで検索するとはやぶさのプラモを先に組まれている諸先輩方が数多くいらっしゃいます。その方々が用いている材料も色々ありますが、とりあえず、私はこちらの記事を参考にしています。

 なので、私も使ったのはホイル折り紙の裏の紙の部分を剥がしたものを用意しました。
スポンサーサイト

アオシマ製 はやぶさ製作記・その3(2012.11.04)

 ソーラーパネルを塗るので準備をします。

  はやぶさ-5

 マスキングゾルを使って銀色で残すところを処理します。

  はやぶさ-6 はやぶさ-7

 マスキングゾルはMr.ホビーのマスキングゾル・改を使用しました。このゾルだと乾燥した後でカッターで切ることができます。

アオシマ製 はやぶさ製作記・その2(2012.10.31)

全体を銀色に塗装しました。

  はやぶさ-4

 下地色なので銀色にするか、黒色にするか悩みましたが、一応銀色としました。ヤスリで仕上げているところが少々粗めに出てしまったので、銀色ではなくグレーか黒でも良かったのかもしれません。
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター