ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  2013年02月

D51241 複式コンプレッサー・速度検出装置取付(2013.02.24)

 複式コンプレッサーに速度検出装置を取付けます。

  D51241-293

 速度検出装置の座の部分は実物と同じようにL字アングルとしました。L字アングルは直線をきちんと出したかったのでT0.3の洋白板から自作しました。本体への取付けはロスト本体に糸鋸で切り込みをいれてそこに差し込んで半田付けでガッチリと固めて固定しました。

  D51241-294

 速度検出装置はいつも通り金岡工房の物を使用しました。
スポンサーサイト

最近思うこと (2013.02.24)

 最近、このブログに来る方の大半が、『珊瑚模型』と『D51』で検索されて来ているようなので、どちらかと言うとディアゴ関連で検索されて来ているのかなと思っています。

 私もデカい方に興味が無いわけではないのですが、如何せん仕掛品が山のようにあるし、積みキットもあるし(最近、積みゲーも増えて来ましたw)もちろん他の分野に興味が無いわけでもないし。まあ、色々あって手は付けていません。
 模型を作ろうとするとたぶん、16番くらいで別に気にならなかった所がスケールを大きくすると目立って、手を付けたくなるんだとは思いますけどね。私はそれが16番でも起こっているだけでしてw

 この所、仕事が忙しいというか気疲れしてしまっていてなかなか工作スピードが伸びなかったのですが、今はそんな事はなく。まあ、前と同じ位のペースに戻りつつあります。
 もし、ブログページが更新されていないのであれば、ニコニコ生放送の方も見てみて下さい。大体このへんまで来ていることが分かるでしょう。

 あと、場所場所で書ける所まで来ないとブログの更新はかけていませんので、あしからず。
[ 2013/02/24 11:22 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

D51241 空気分配弁組立・その2(2013.02.21)

 空気分配弁にはまだ配管を追加しないといけないので、それを追加します。また、配管の取付台座も制作しないといけないのでここで制作して固定します。

  D51241-288

 手で持っているのがキャブ内からの排水管と思います。これが燐青銅線のφ0.5です。もう一つ付けているのが元空気ダメ管を通す取付金具です。これは0.7㎜×t0.2を折り曲げて基板にt0.3の真鍮線でカシメてガッチリ固定してあります。

  D51241-289 D51241-290
  D51241-291 D51241-292

D51241 ドロダメ取付台座製作(2013.02.20)

 ドロダメの取付場所が火室カバーの下端の辺りにあるので延長させないと取付けることができません。なので、これを製作します。

  D51241-283

 丁度、このような下端の辺りになります。ドロダメの根本はドリルレースで挽いて細くしているのでt0.5の真鍮板をドロダメの根本に合わせて切り出し、ハンダ付けして真鍮線を2本打ち込んで取れないようにしています。

D51241 ATS吐出弁組立・その1 (2013.02.11)

 金岡工房から出ているATS吐出弁を取付けます。

 まずは準備をしていきましょう。

  D51241-279

 ATS吐出弁自体はキャブ下に付く小さなパーツに過ぎませんが、そこに向かって配管が入ってくるので色々と考えて作らなければいけません。特に配管が密集しますので先に穴開け加工等を施してしっかりと強度を確保します。

  D51241-280

 側面にも配管が入るので穴を開けています。今、燐青銅線が入っているのがメインの配管となります。こちらはφ0.3の穴を開けてそこにφ0.3の配管を差し込んでいます。横の穴も同じφ0.3で穴開け加工を施します。

  D51241-281 D51241-282

 燐青銅線が入っている中央の加工ですが、上下から穴をあけていき、中央部で繋ぐのが一般的なのですが、このような小さな物に加工する時、ドリルの先端に挟んで作業をすることが多いので、刃が入れられるのは上側からだけになります。
 この画像でいえば、ピンセットの写っている位置までは抑えてしまっているので、下側からの穴開け加工は不可能です。
 観て頂ければ判ると思いますが、若干この燐青銅線が歪んでいます。まあ、この位であれば配管の方で調整が聞くので問題ないでしょう。穴開けをする時はドリルが中で折れないように注意しましょう。(3方向とも)
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター