ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  2013年11月

D51241 空気分配弁組立・その3(2013.11.18)

 空気分配弁の配管の残りを取付けます。

  D51241-341

 主な配管は取付けを終了していましたので、残るのは枝分かれする作用管でした。配管はφ0.25の燐青銅線を使い予め配管に開けておいた穴に差して半田で固定します。
 配管は細いので片持ちになっていることも考えられますので、できるだけ途中の部分で配管同士が交わるようにし、その部分を半田付けすることによって強度を出来るだけ増すように工夫しています。

  D51241-342 D51241-343

 残りはブレーキシリンダー関係の配管とコックが残っています。現状を見るとキャブ下に異様に大きく抜けている部分がありますが、この場所に配管が収まる予定です。
スポンサーサイト

インレタ考察 (2013.11.03)

 前々からセキ3000のインレタが塗装中にシワシワになるというものですが、今回も案の定起こっております。

  20131103-1

 まずこれが、塗装直後のものです。

 インレタは本体に直貼しています。インレタは本体の中に入っていたものです。
 吹いた塗料は、ガイアノーツのつや消しクリアーにリターダーシンナー(Mrカラー)とシンナー(Mrカラー・エアブラシ用)をまぜたもの。
 塗膜からわかると思いますが、私はべちゃ吹きなので塗装面が出来るだけウェットになるように塗っています。

 シンナーが原因だとすると、そもそもインレタに保護用のクリアーを吹けないので、他の種類に変えるしか無いですね。

  20131103-2

 これが30分後。インレタがシワシワになっても時間経過と共にだんだんシワが元に戻ってきます。

 ガイアの塗料がつかえないとなるとMrカラーのものもダメ。ということは、水性の塗料を使うしか無いという結論に至る訳ですが、さてどうしたものやら。

 現在、この状態ですが、この後にウェザリングでシンナーを使うと表面が侵されてシワシワになります。結局、インレタが悪いという結論にしかならないのでしょうか?

 誰か解決方法を教えて欲しいです。ガチで。
[ 2013/11/03 15:36 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

京急に乗りに(嘘です。鉄模連ショーです) (2013.11.02)

 鉄模連ショーで蒲田まで行ってきたのでちょっとレポでも。

  20131102-1

 品川駅で未だにゲットできていない「ぜかまし」を発見。

  20131102-2 20131102-3

 蒲田要塞は年々進化していますが、出入口が一箇所しか無いし仮囲いだらけで案内はろくすっぽ無いしで結構不便ですね。

 20131102-4 20131102-5

 結局、エンドウがガルパンコラボで鹿島臨海のキハ6000を出すことと、Max用に動力を開発中ということでしたがモノがどうなることやら分かりませんのでなんともいえませんね。Maxの京阪600は買おうと思ってますが、動力次第ではどうなることやら。
 中途半端なジャンクがぞろぞろある訳でもなく。中古の古いキットが出てきている訳でもなく。今年はハズレ年だったのかなぁ。なんかイマイチピンと来るものがないですね。
 UトレがE233のキットを発売して、京急2100も出ていましたが、これはカッコイイと思ったのですが色々考えるとなんかイマイチ踏ん切りがつきません。クモヤ143は単車だし買おうかと考えましたが、やるならクモルとかもいいですよねぇ。

 奄美屋がJR東日本の215系の製品化を狙っているようでしたが、一般流通無しでしかも予定数に達しない場合は生産しないとか。エッチング板の状態で販売する京成の電動貨物車とか。なんか、ガレキを買い求めているような・・・・・・・・

 年齢層は年々高くなるばかりだし、同世代はほとんどやってないし。なんか、寂しい限りですわ。秋葉原とか行くとホビー屋にはそれなりに人が入っているし、プラモとかも出ているような感じがしないでもないですが、それ以上に鉄道模型はダメですね。若い人間は買うだけで作らないとか。何一つ完成させることもできないのに社会に出て物事に取り組めるのかよといつも思いますが・・・・・・

 おっと、愚痴っぽくなってしまいました。

  20131102-6

 このデカいビックボーイには驚きました。やっぱりアメリカ蒸気はデカくてカッコイイですね。マレー式いいわぁ。

  20131102-7 20131102-8

 帰りにリバイバル塗装の2000形がきました。窓周りが白だとカッコイイですね。
[ 2013/11/03 00:16 ] イベント | TB(0) | CM(0)
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター