ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  2015年03月

模型の為のコンテナ観察 (2015.03.24)

 コンテナをウェザリングする時に補修跡とか色々追加したいなと思ってコンテナを観察。
 しかもラッキーなことに19Dばっかり。使えるかどうかは、知らない(笑)

 19D-11084
 19D-11084

 19D-10912
 19D-10912

 19D-31230
 19D-31230

 19D-19587
 19D-19587

 19D-42300
 19D-42300

 19D-80097
 19D-80097

 19D-23611
 19D-23611

 19D-20210
 19D-20210

 19D-40104
 19D-40104

 19D-40390
 19D-40390

 19D-7318
 19D-7318

 19D-22826
 19D-22826

 V19C-1459
 V19C-1459

 19D-22921
 19D-22921

 19D-25618
 19D-25618

 19D-20917
 19D-20917

 19D-34068
 19D-34068
スポンサーサイト
[ 2015/03/25 00:10 ] 鉄道の話題 | TB(0) | CM(0)

C55流改 煙室・罐胴部作製 (2015.03.23)

 キットは珊瑚のC55一次北海道型を購入してあります。結構、痛い出費・・・・・
 パーツは様子見、適時使用することになります。

 C55流改-1
 
 まず、ボイラーを製作するので、ボイラーを丸める準備をします。

 C55流改-2

 真鍮板はt0.4を使用します。帯板はt0.2×0.7mmを使用予定。製品に合わせるなら、t0.1にしたいのですが手間を考えるとt0.2でも良いかなと。まあ、削ることになると思う(?)ので薄くなって裂けなければいいやと。
 寸法をケガキ針でしっかり入れたら曲げ作業に入ります。

 C55流改-3

 うーむ、とりあえず丸まりました。
 本に書いてあるとおり、そんな簡単に曲がらない。端はクソ硬いし。おまけにずーっと丸める作業をしてたら手が痛い。

 C55流改-4

 途中、イライラしてハンマーで叩いてしまったので、叩いた所の傷をヤスリで消します。

 C55流改-5

 はじめはもう少し丸かったのですが、曲げグセが付いた所は良く曲がるし、曲がらない所は全然曲がらない。
 非常に面倒でこんなことするならキットは安いと痛感。テーパーも付いてるし、ディティールもあるし。

 さて、ここで一つ報告なのが、煙室と罐胴のリベットなのですが、普通はリベットが存在するとずーっと思っていたのですが、写真をみてもハッキリ分からない。かなりの枚数を確認したのですが、やはりこのリベットだけは見当たりませんでした。
 そこで考えたのですが、流線型からの改造時に煙室は手を加えている筈。ということは、改造する時にこの部分は一度作り直していると考えられます。
 ということは、溶接したか、沈頭鋲のようにして表側から見えなくなっているのかのどちらかと考えました。

 この部分の下には煙室輪がある筈なので無い訳ではないと思うのですが。見えないだけ?
 資料が少ないのでとにかくわかりません。

 実は、安達のキットも側面図ではこの部分にリベットが無いんです。となると、やはりここはリベット無しで良いということなのか?

C55製作決定 (2015.03.16)

 先日のC57、C55の騒ぎですが、報告です。

 今回製作するのはC55流改北海道耐寒装備に決定しました。

 ボイラーからドームまでほぼ違うので、ボイラーからのフルスクラッチに近いものになりますが、使える備品は1次型から流用することとします。

 ということは、後々C55の1次型も製作決定ということなのですが、まあとりあえずは2次型を先行させます。

 今回の一件はI氏のC57ボイラー交換からはじまり、M氏の珊瑚C57密閉キャブを分けて頂きと色々と皆様にはご迷惑をおかけしました。こちらは、こちらとして受領したものは後で必ず作ると思いますので、ひとまずこちらは置いておきます。

 それと、「そろそろ、フルスクラッチをやる時期じゃないか?」と各所から言われているのでここらで私も漢をみせてギャフンと言わせてやりたいw

 ともかく、まずは足回りの組立てとボイラーの製作になると思います。ボイラーは切出し、ケガキ、曲げと今までやったことがない作業をやりますのでどの位時間がかかるかなぁと思っています。

 ボイラー3本くらい作って流改を南九州と含めてやるとかも面白そうですがw
 ひとまず、お題が決まりましたので製作を進めていきます。お付き合い宜しくお願いします!

菱餅が出ない (2015.03.07)

 菱餅が出ないと嘆いている方、提督稼業お疲れ様です。
 私もあと5個集めないと熟練見張員が貰えません。

 さて、先日3DCGの話をしたので、早速練習中。

 20150305-1

 ↑初日の成果。

 20150306-1

 ↑練習完成。

 20150307-1

 側面が抜けない。詰まった!

 で、今に至る。

 コレは楽しい。パーツとか作りたいですねぇ。マジで。
[ 2015/03/07 20:02 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

次の作品にむけて、色々と。(2015.03.05)

 正直な話、色々やりたくてウズウズしてます。

 ただ、現状の部屋をみると、何もかも仕掛品になっていて積み上がっている状態で次の新規をやるというのも些か問題が無いとはいえず。
 でも、結局の所。自分のモチベーションがどうも煮え切らないんですよね。こういうのって、大体欲しい物が揃うと急にそちらに目が移り・・・・・堂々繰り返して今に至るわけですがw

 現在の近況としましては、C57・1次型のボイラーが入手できたので、C57の1次型北海道重装備仕様又はC55・1次型北海道重装備仕様のどちらかを主軸にして、マロネロ38とスハシ29、スハシ38あたりの製作を行おうと考えています。
 一時期は、D51の半流キットか夕張鉄道の11型も考えましたが気分が全く高揚しません。これは自分の中で完全に冷えきったような状態なので組立てが面白い訳がない。
 C57は4次型を完成させたとはいえ、やはり前回不十分な所があったのでリベンジしてみたい車両ではありますし、北海道の急行牽引で主役だったのはやはりC57が一番でして。

 もう一方のC55は流改をやるには資料不足。ただ、1次型の発売からある程度時間が経っているのでパーツを揃っているうちにやるのが良いかなと思っているもので、こちらはこちらでまた色々問題が出ると思いますので長期戦を覚悟してます。

 そう考えると、C57作ってやるのが良いかなと。
 パーツ的には80%問題解決できるのですが、唯一無いのが動輪。
 珊瑚模型店製のC571次型の動輪の店頭在庫がある所、または誰か譲って頂けるという方。是非ご連絡を・・・・・・

 ネコ・パブリッシング社から3DCADのムックも発売されましたので、客車の床下機器又は内装はそちらを活用してみるのも面白いかなと考えています。

 まあ、武蔵が見つかったのでずーっと作っていなかった艦船模型を仕上げるのもそれはそれで面白いかとも思うのですが。

 また進展があったら報告します。
[ 2015/03/05 01:32 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター