ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  2015年04月

絵師100人展05へ行ってきました。 (2015.04.29)

 毎年恒例の絵師100人展の感想です。

 20150429絵師百人展-1

 個人的な趣味によりけりで言いますので見たくない方は回れ右してブラウザバック!

 さて、今回のテーマは『絵師の世界』ということでもう聞いた時から総統危ないなぁと思っていたのですが、会場に入って案の定悪い予感が的中してしまいました。

 ワタシ的に言わせれば残念の一言でした。何でってこういう個人作品が並べられる所でこれは・・・・・ない。だって、みんな同人誌と同じようにみえるんだもの。
 個人個人の作品も何か作りこみで面白いものがある訳でもなく。こういう個展ではキャンバスサイズがデカいので他の人より作りこんでいる方が有利だと思います。

 その点、遊んでいて見ていて楽しいなぁと思ったのは、なつめえりさんの作品。一言で言うと『あんたは遊びすぎだwww』って感じ。作中にニコ動のコミュ番なんて書くなよとw
 ここまで遊んでいると楽しいですね。見ていて楽しい作品っていうのが多いのは大変良いことだと思います。

 例年のように片桐さんは出てないし。正直、今までの中で一番うーんと思ってしまいました。

 20150429絵師百人展-2

 去年も書きましたが、ここの電光掲示板デカイよね。

 20150429絵師百人展-3

 日付が3.28になっているのでそれまでにはこの絵が完成していたってことだ。これもえりねきの絵ですね。相変わらず遊んでるなこの人は・・・・・・
スポンサーサイト
[ 2015/04/30 03:14 ] イベント | TB(0) | CM(0)

C55流改 ボイラーバンド取付 (2015.04.19)

 ボイラーバンドを取付けました。

 C55流改-10
 C55流改-12
 C55流改-11

 ボイラーバンドに使用したのは、モデルワム製t0.1×0.8mmの洋白帯板です。今後製造しないとの事なので、次回以降で作るなら、大体の物を用いる必要があります。(まあ、そんな事はないでしょうけれども)

 C55流改-13

 ボイラバンドの薄さはいい具合です。これぞボイラーバンド。テーパーの製作も多分大丈夫だろうと思いながら進めています。
 当初考えていたのは、KSの真鍮又は洋白帯板のt0.2×0.7mmでボイラーバンドを巻く予定だったのですが、モデルワムにはt0.1がある。その方がいいんじゃないの?と先輩から意見を頂き、試してみるとこちらのほうが綺麗だった。という訳です。

 C55流改-14

 次はキャブ製作に進みます。

C55流改 火室・テーパー部作製 (2015.04.05)

 少々苦戦しましたが、テーパー部分完成しました。

 C55流改-6

 火室部分は簡単だったのでとりあえず曲げて組立てて見たのですが、なんか、後ろが持ち上がっているような。
 ごまかせるかとヤスリをかなり入れたのですが、なんかダメだなぁと思い、仕方がないけどもう一度作りなおすことに。

 C55流改-7

 他の人に見てもらったら、やはり後ろ側が持ち上がっているのがバレたので、これはダメだなと。思い切ってもう一度作り直し。
 作り直したら良くなったのでこれで行くことにしました。

 C55流改-8
 C55流改-9

 そのままだとボイラー径が太いように見えますが、煙室扉とがぴったりと収まるのでボイラー径は合致しています。目の錯覚なんでしょうね。

 前に煙室と罐胴のリベットについて書きましたが、色々調べるとやはりある事が判明しました。植え込むのが面倒だったのでやりたくなかったのですが、やるしかなくなりました。

 とにかく、高さ出しとリベット、ボルトの植え込みをやっていきます。

情報の集約と並列化によって個を特定できるのか? (2015.04.04)

 情報化社会と言われるだけあってネットには様々な写真が上がっていますね。

 よく言われるのですが、鉄道模型で蒸気を作っている人は大体、機芸出版社の「蒸気機関車の角度」の○○ページに写真があるとか。あそこに写真あるよとか。

 ハッキリ言います。

 私、持ってません。

 そこで考えたのですが、ネット版「蒸気機関車の角度」みたいなものを作れないかと。
 先日もコンテナをアップしましたが、個人でやるのはものすごく大変。でも、一括集約するサイトがあったとしたら、そこを見れば大体の事がわかると。
 そうなると、そこが共有フォルダーみたいになって探しに行けるとなるなと。

 ただ、協力人が複数出てくると著作権の管理とか色々と面倒になってきそうだけど、鉄道は趣味性が強いから営利目的ではなくて写真を撮っている人もたくさんいるとは思うんですけどね。
 掲示板で写真を集約→サイトでまとめていくみたいな感じですね。

 タグ添付で、形式と装備名とかで検索かけてヒットさせられるとかの機能もあれば尚良いですね。
 うーん、保存蒸気から出来るようにまとめてみるかなぁ・・・・・・・

 私だけだと内容が偏るので複数人でやっていくみたいなのが出来ると面白いですね。
[ 2015/04/04 08:48 ] 雑記 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター