ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  2015年11月

C55流改 主台枠作り直し (2015.1123)

 かなり時間が空きましたが、今までの経緯を説明すると主台枠に問題があり、作り直しとボイラー中心線を出すのに苦労しておりましてそれで色々と時間がかかってしまいました。

 C55流改-18

 まず、どこから異なったことが分かったかといいますと、このC55のボイラー中心線の出し方は、キャブ床板を製作し、シリンダー側の高さだけでは決定しない(微妙に遊びがあるので、一方側だけだと斜めに歪む)ことからです。よって、キャブ床板の製作も同時に進めていたところ、キャブ床面の高さを出している支え板が運転席出入り口扉の真ん中位にきてしまい・・・・・・・おかしいぞ?

 という訳で、結論的には1次型と2次型以降で後部主台枠に100mm差があったという訳です。詰められているのは、従台車中心位置から後ろ側でした。1605mmと1505mmって結構違いますね。

 3次型の延長が100mm短いと紹介されていますが、その100mmって後部主台枠長さだったんですね。ちなみにC57も同じです。

 C55流改-19

 支え板の位置はこのようになっており、この部分はキャブ床面に付くようです。(C57と同じかと思っていたら違いました)

 C55流改-17

 ついでに、C551次と2次ではモーションプレートの形状も違います。
スポンサーサイト

弁辺トンネルは何処に? (2015.11.11)

 以前、岩見隧道の記事を書きましたが、その道中訪れたのが、室蘭本線大岸~豊浦間の豊泉駅跡。
 この駅の先、旧豊泉~豊浦間にはトンネルがあり、訪れた強者が写真を上げているらしいという話は前々から聞いていたのですが、とうとう見つけました。

 こちら

 現在線の上に穴を開けている写真も見つけられるはず。

 もっと鮮明に

 こちらは"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃というブログで素晴らしく美しく開いた穴を観ることができるだろう。

 素晴らしく胸熱である。

 線形改良で廃止された線は数多いが、何故こんなにも廃止されたものに惹きつけられるのだろうか。私はおそらく、身近なところにあるからこそ、余計に気になるのだと思う。

 忘れないようにカキコ。
[ 2015/11/11 00:56 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

第15回鉄道模型関東合同運転会 in 埼玉けんかつ・その5 (2015.11.1)

 関東合運のレポートもこれで最後です。

 20151012関東合運2015-28
 20151012関東合運2015-29

 ブラス組立のオユ10、プラ完成品がありますがやはり金属には独特の質感が有りますね。カッチリ綺麗に組み立てられています。

 20151012関東合運2015-30
 20151012関東合運2015-31

 発煙装置組込みは、S氏のもの。

 20151012関東合運2015-32
 20151012関東合運2015-33

 Y氏のEF510はTOMIXの北斗星色からの塗替え。トワイライトエクスプレスのロゴはOJからのものだそう。凄くカッコイイです。

 20151012関東合運2015-34
 20151012関東合運2015-35

 日本海に増結されているのは、K氏製作のスシ24-1。当初は日本海に連結する予定で用意していたなんて全く知らず。JR西にいるスシはトワイライトだけだと思っていたので新鮮でした。それにしても驚きです。こんな車輌が居たのかと・・・・・

 20151012関東合運2015-22

 この旧型国電はB氏製作のもの。

 20151012関東合運2015-36
 20151012関東合運2015-38
 20151012関東合運2015-37

 こちらもB氏製作の旧客群はカッチリ綺麗に組み立てられていて刺激的です。

 20151012関東合運2015-39

 最後に我が石炭列車ですが、21両が完成して30両まであと9両。夕張線内の運用であれば、20両編成でしたからこれでも十分ということになります。となると、最後尾のヨかワフを本気で考える時期になってきたということでしょうか。

 今回の関東合運では、配置がいつもと違い行っていないところもあり不完全レポートではありますが、会場の雰囲気が伝われば幸いです。
 やはり運転会は良いものです。制作意欲の刺激になりますからね!
[ 2015/11/01 18:24 ] イベント | TB(0) | CM(0)
プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター