ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  安達製作所製 国鉄D51標準型キット製作記(D51953号機) >  D51953 重量配分(06.10.14)

D51953 重量配分(06.10.14)

 重量配分が悪いので補充します。

  D51953-95

 モーターがぶら下がっている分、重量は後ろへ集中しますのでそれを避ける為に前へと重心を移動させてやりましょう。重心がある程度前に来ればその分、動輪から線路に伝わる軸重も増える訳ですから之はぜひともやっておきたいものです。

 しかし、ミクロウェイトを使うと経年劣化による爆発が考えられるのであまり用いたくないというのが心情ですが、鉛板なら大丈夫だろうと早速、短冊状に切り出した物をシリンダーの見えなくなる部分にしっかりと補充してやります。(赤矢印)
 そうすると全体のバランスが平行に近くなってきます。

  D51953-96

 あとで上回りの錘も加わる訳ですからそう考えるときちんと平行になるという事は考えなくても良いと思います。

 ココで指摘された重大な欠陥が発生しました。一番最初に取り付けた軸箱のバネなのですが、スプリングが弱すぎて上回りの重量を支え切れずに上回り、特にスノープラウが沈み込んで、線路に接触するという事が判り、急遽純正品のバネに交換しました。(青矢印)
 交換後は問題はありません。R730のカーブと数パーセントの勾配も難なくクリアします。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター