ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  珊瑚模型店製 国鉄D51標準北海道型の製作(D51241号機) >  D51241 ボイラー組立・2(11.05.03)

D51241 ボイラー組立・2(11.05.03)

 ボイラーを製作する上で必要な欠き取りを作ります。

 d51241-21
 
 給水温め器からの配管はボイラーの真横の切欠き部を通っています。丁度、デフの裏側にあって見え難い所ですが、カバーで覆うにしても穴が開いているだけの部分に配管を差し込むのも抵抗があります。特に顔周りになりますから正直な所、後で変に見えるのが嫌なのです。

 d51241-22

 ざっくりと切取ったらコの字に折り曲げたt0.4の真鍮板を当てて整形します。仕上げるとこんな感じになります。ここに給水温め器を載せてみましょう。

 d51241-23

 こんな感じになればOKです。
スポンサーサイト
煙室横の欠き取り
241号機はその辺の写真がないのですが、欠き取りはあるのですか?
天賞堂やIMONは省略しているのかな?
[ 2011/05/07 22:00 ] [ 編集 ]
え~っと
欠き取りに関しては、D51の構造上、全機存在すると思います。241号機はこの部分をカバーで更に覆っているのですが(といっても板一枚をボルトで止めているだけだと思います)、そのカバーで覆うにせよ穴が空いていてそこに真鍮線を差しているんだとなんか見栄えが悪いなと思ってやっている事ですので、最終的にはあまり意味が・・・・・・実を言うと無いw

天賞堂もイモンもこの部分はおそらく誤魔化しているか、省略してしまっているでしょう。天はもっと省略していて、ランボードとの繋ぎ目にあるボックス状のカバーまで付けています。まあ、付けようが付けまいがあまり変わりませんよ。

私は捻くれ者なので、完成品と同じになるのが断固として嫌なのでやっているだけですw
[ 2011/05/08 02:22 ] [ 編集 ]
煙室横の欠き取り
質問の仕方が悪かったのですが、欠き取りにカバーが無くて配管が見えるのかなと思ったので質問しました。実際は板が貼ってあるのですね。カバーは貼るのですか?
[ 2011/05/08 09:50 ] [ 編集 ]
カバーは貼りますよ
241は調べてみるとカバーが貼ってあるようです。なので、給水温め器への配管を全て設置したらt0.1の燐銅板でカバーをしてボルト植えを行って仕上げる予定です。
[ 2011/05/08 10:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター