ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  スポンサー広告 >  日常 >  TMSコンペ2012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TMSコンペ2012

 今年はTMSコンペの年です。

 前回のコンペはまたも準佳作という事で、これで連続3回目。3度目の正直とはなりませんでしたw
 う~ん、今年はもうちょっと頑張りたいですネェ。


 さて。たまにこのブログも『TMSコンペ』で検索するとかなり高確率で検索されるようなのですが、それについてのコメント等は一切無いのでどういう事で検索されているのかが良く分からないのですがとりあえず、あまり知られていない(?)コンペ出品への流れを列記してみます。

・出品までの流れ

 1.協賛の模型店又は機芸出版社から『データシート』を受け取る

 まずはエントリシートを受け取ります。コンペの情報が出るのが大体夏頃の号になります。情報が出ると協賛模型店にはエントリーシートが届いている筈ですので、それを受け取ってきましょう。このエントリーシートには必要事項と作品の箱に貼り付けるIDナンバーが振られています。


 2.作品の必要事項を記入して作品を発送する

 エントリーシートに必要事項を記入して作品を直接発送するか、それとも協賛模型店に持って行くようにします。これが大体、9月の末頃になると思います。
 この際に作品の簡単な説明文を書く事になると思います。これが後日掲載される時の大本の原稿になります。もし、順位発表後に加筆するのであれば説明文に一言加えておくと良いでしょう。


 3.作品返却

 順位発表後に作品は返却になります。これが年末の12月末頃になります。(私はコミケの戦利品と一緒に作品を持って帰ってくる事がいつもですw)


 4.作品掲載

 ここからは出版社にお任せになりますが、受け付けられた作品は紙面での発表が待っています。ここで記事の本文になるのが作品提出時に送付する説明文になります。なので、説明文をそのまま載せられてしまうと不十分かなと思ったら提出時に一言加えておかないとそのまま載せられてしまいます。
 私の場合は、本文と製作途中の写真をCDに焼いて送ります。これを編集部で直してもらい掲載となります。

 以上が流れになります。
 最近・・・・・というか、私と同世代の人が殆ど居ない事を毎回のように嘆いているのですがw
 やっぱり、ライバルが多いとこちらも俄然やる気が出てきます。でも、この趣味をやってる同世代の人間は殆ど居ないと・・・・・orz

 これを見て作品を送ってみようと思う人が一人でも多くなれば幸いです。
スポンサーサイト
[ 2012/02/18 13:32 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。