ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  スポンサー広告 >  日常 >  西川口の9687 (2013.10.05)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西川口の9687 (2013.10.05)

 事後報告になりますが、先月の23日に西川口にある9687を整備してきました。

  20130923-1

 私が行く前日の22日から整備していたのですが、都合により23日だけの参加になりました。今回は部分的に塗装のタッチアップを行いましたが、実施していない箇所が多いのでそこについては油で磨いています。

 何度やっても思いますが、機関車はデカい。文字で書くのは簡単ですけどね。やってみると本当に大変なんですよ。

 蒸気機関車の整備もすっかりライフワークのようになってきました。やっぱり回数をやってくるとどこら辺がどうなっているのか分かってきます。
 まあ、そうでないとやっている意味ありませんがw
 諸先輩方に比べてればまだまだ甘いと思いますね。去年のD51整備では、塗り残しが多くて自分でも失敗したなぁと思っています。

 今回整備して分かったのですが。
 実は、前部のエンドビームから黄色い塗装が見え隠れしまして。塗膜としては薄く残っているようです。

 憶測ではありますが、北海道配備時代のゼブラの名残りかと思います。でも、北海道に配備されていたのは1945年頃から1965年頃までで、その頃から北海道ってゼブラ塗装やってたかなぁという疑問があります。ゼブラ塗装ってどちらかというと70年代入る頃からじゃないかなぁと思っているのですが。

 整備してると色々な所に走ってきただけの痕跡が残っていて面白いです。

 それに、管理されてるSLに堂々と登って資料写真撮れるしw
スポンサーサイト
[ 2013/10/05 13:38 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。