ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  スポンサー広告 >  KSモデル製 夕張鉄道キハ300形キット製作記 >  夕張鉄道キハ300形の製作 (08.01.01)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夕張鉄道キハ300形の製作 (08.01.01)

 夕張鉄道の急行用として製作されたキハ300を製作したいと思います。キットはKSから発売されているものを使います。ただ、キハ300となっていてもこれをストレートに組むとキハ252かキハ253になってしまうので注意が必要です。しかも、夕張鉄道の車両に関してはほとんど資料がありません。実車がまだ残っている事が唯一の希望というか、奇跡的です。

  夕張鉄道キハ300-1

 では、キットを開けてみましょう。これで全部です。単なる素材と割り切った方が良いでしょう。前面が全く違いますし、側面の乗務員窓も違う。もっといえばキハ300には、妻板側にテール用の穴なんてありません。ここら辺は全て自作で何とかするしかありません。

  夕張鉄道キハ300-2

 とりあえず妻板をセロテープで止めて様子を見てみます。
 妻板ですが、テールライトを埋めた物を作れば解決するような単純なものではありません。ヘッドライトの大きさも違いますし、ライトの一部が屋根上に出ています。また、運転窓の大きさと位置も違います。

  夕張鉄道キハ300-3

 流石にこれは凹みました。これのどこが夕張鉄道なんでしょうか、全く似ていない前面。
 製品のままだと窓の大きさが2:3なのに対して、実車は約4:5とかなり大きい前面窓を採用しているのでそこから修正しないとダメみたいです。しかも、プレスが甘くて鼻筋がタレていて凄いマヌケヅラになっています。そのまま組むんでもこのままやったらカッコ悪いだろうなぁ。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。