ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  ARU MODEL製 京急デト11・デト12製作記 >  京急デト11・12 床板アングル取付 (2014.12.23)

京急デト11・12 床板アングル取付 (2014.12.23)

 床板を組立てます。

 京急デト11・12-2

 床板はt0.5の真鍮エッチング板です。説明書通りに組み立てます。

 京急デト11・12-3

 説明書の通りに魚腹アングルをハンダ付けします。
 ただ、このアングルですが、外側から半田を流すと後処理が面倒な形状をしています。工作ができる環境の人は、アングルの床板と接触する部分に穴を開けてスポットでハンダ付けすると綺麗にできると思います。特に真ん中の部分を外側からハンダ付けしたのですが、後処理しないと汚く見えるこのやり方は失敗でした。
 まあ、床下機器の取付板で隠れてしまうのでどうなっていても実際には見えないのですが。気分的に嫌ですよね。

 床下機器を止める真鍮ナットですが、床面にナットの嵌るエッチングされた部分があります。ただし、この部分は板厚がその分薄くなっているのでナットのハンダ付けで力を入れすぎると表面が歪むので注意が必要です。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター