ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  雑記 >  最強のコックが働いているフネがある。 (2015.10.20)

最強のコックが働いているフネがある。 (2015.10.20)

 ケイシー・ライバックが敵の骨をバキバキ折る映画は大好きです!

 ニコ動に戦艦ミズーリの艦内日本語ツアーの動画が上がっていたのでご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 実際の戦艦は日本では三笠しか残っていませんが、これを見ると軍艦の内部の構造がよくわかると思います。
 あと、この動画で私が一番良くわかったのが、機関室の構造。シフト配置の機関と内部のタービン機構がようやく理解できました。

 本編中にも有りますが、機関馬力が21万馬力で33ノット。しかも、軽いから出るというのがなんとも納得。そうなると、日本の大和級は16万馬力で27ノットですから、重さの割に速力は出ているということになると思います。大和型は日本人好みのコンパクトな設計ではあるといいますが、そう考えると確かにそうですね。
スポンサーサイト
[ 2015/10/20 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター