ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  珊瑚模型店+スクラッチ C55流改製作記 >  C55流改 主台枠作り直し (2015.1123)

C55流改 主台枠作り直し (2015.1123)

 かなり時間が空きましたが、今までの経緯を説明すると主台枠に問題があり、作り直しとボイラー中心線を出すのに苦労しておりましてそれで色々と時間がかかってしまいました。

 C55流改-18

 まず、どこから異なったことが分かったかといいますと、このC55のボイラー中心線の出し方は、キャブ床板を製作し、シリンダー側の高さだけでは決定しない(微妙に遊びがあるので、一方側だけだと斜めに歪む)ことからです。よって、キャブ床板の製作も同時に進めていたところ、キャブ床面の高さを出している支え板が運転席出入り口扉の真ん中位にきてしまい・・・・・・・おかしいぞ?

 という訳で、結論的には1次型と2次型以降で後部主台枠に100mm差があったという訳です。詰められているのは、従台車中心位置から後ろ側でした。1605mmと1505mmって結構違いますね。

 3次型の延長が100mm短いと紹介されていますが、その100mmって後部主台枠長さだったんですね。ちなみにC57も同じです。

 C55流改-19

 支え板の位置はこのようになっており、この部分はキャブ床面に付くようです。(C57と同じかと思っていたら違いました)

 C55流改-17

 ついでに、C551次と2次ではモーションプレートの形状も違います。
スポンサーサイト
台枠後部は実車で10cm短いのですね。  1/80では1.25mmの違いですが、その為に台枠全部作り直しは気合を感じます。 流石です。
[ 2015/12/14 21:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター