ぎんいろ工作室

現役蒸気機関車の姿を模型の世界で追い求める。自分の趣味を徒然なるままに書き綴っていくブログ。主に鉄道模型の制作記がメインになりますが、スケールモデルや他の話題やジャンルの物もあります。各カテゴリへお進み下さい。
ぎんいろ工作室 TOP  >  鉄道の話題 >  旧浜安善駅と在日米軍鶴見貯油施設を見に行く(2018.07.01)

旧浜安善駅と在日米軍鶴見貯油施設を見に行く(2018.07.01)

 所属クラブの合宿帰りに安善駅にある日通事務所のワラ1の廃貨車を見に行ったのですが、残念ながらつい1周間ほど前に撤去されてしまったようで収穫はありませんでした。
 そこで、旧浜安善駅まで足を伸ばすことにしたのです。

  20180701安善米軍給油槽-1
  20180701安善米軍給油槽-4

 旧浜安善駅の構内は、いかにも専用線の末端部分という感じです。

  20180701安善米軍給油槽-2

 休日の訪問だったので車もほとんど居ません。ただ、路線バスが動いていました。とてものんびりしています。

  20180701安善米軍給油槽-3

 放置されているスクーター。貯油施設の中にはタキ1000が見えます。

  20180701安善米軍給油槽-6

 貨車引込口の様子。No1ということはNo2もあるのか?

  20180701安善米軍給油槽-5

 中は米軍基地。軍用犬が居るらしいです。

  20180701安善米軍給油槽-7
  20180701安善米軍給油槽-9

 緩やかに延びる線路が専用線らしさを出します。踏切警報装置は無いようです。

  20180701安善米軍給油槽-8

 一番驚いたのが米軍基地の中にお社があるところ。ちゃんと鳥居が付いています。なんとも日本らしい。こういう小物がレイアウトだと表情を引き立たせるんだと思います。

  20180701安善米軍給油槽-10

 道路の反対側はシェルの横浜事業所。布団が干してあるのがなんとも言えない表情になります。

  20180701安善米軍給油槽-11
  20180701安善米軍給油槽-12

 さて、貨車が見えてきました。タキへの積み込み施設には3両ずつ、タキ1000が留置されています。片側3両×2本ずつ計12両留置です。

  20180701安善米軍給油槽-13

 基地の中は芝生が生い茂っていて、新緑らしい緑色をしています。

  20180701安善米軍給油槽-14

 植栽も手入れがされているように思えます。手入れが細かい気がしますね。

  20180701安善米軍給油槽-15

 電柱の状況や詰所、自動車の配置も参考になります。

  20180701安善米軍給油槽-16

 軍事基地と思うのがこの国旗と旗の掲揚に用いられるポールの形状。これ、艦船のマストのようにも見えます。日本のよく見られる単体の形状でないところ、また米国と日本の国旗が風に吹かれている姿が印象的でした。
スポンサーサイト
[ 2018/07/10 22:59 ] 鉄道の話題 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

陸奥光政

Author:陸奥光政
主に首都圏を中心に活動するアマチュアモデラー。鉄道模型の制作が多いけれども作る事に関しては何でも好き。最近は仕事が忙しくてなかなか工作が進まない事を嘆いている。
秋葉原と有明が大好きで良い意味でも悪い意味でも生粋のヲタクである。ここに行くと元気が湧き出て半年位は頑張れるという超変態であり超変人。他にも栃木で汽笛を鳴らしたり方南町に出没したりしている。
基本的にはインドアな人間なのだが、たまにイベントではあんな事やこんな事をしていたりする。要するに変な奴だ。

こんな変な奴が蒸気をガツガツ作ってる様な奴だとは誰も思わないだろうw

Mail:MutuMitumasa@gmail.com(@を小文字に変えて下さい)

最新トラックバック
カテゴリ
アクセスカウンター